予防効果と治療効果のあるリレンザ

日本では空気が非常に乾燥する冬にインフルエンザの流行をみることができるのです。
インフルエンザウィルスは乾いた空気中で活発に活動し、長時間浮遊することができるのです。
また冬は人間の口や鼻などの粘膜も乾燥しやすくなるので、余計にインフルエンザが体内に侵入しやすい状況でもあるのです。
とくに人が沢山集まるオフィスや学校、幼稚園などで大流行し集団感染しやすい傾向にあるのです。
そこでは感染者の咳やくしゃみなどの飛沫感染なども見られるために、集団感染が引き起こされるのです。
集団感染の傾向が見られ、自分も感染しているのではないかと不安になることがあります。
病院に行って検査をしても潜伏期間の一日から三日程度経過していないと検査で陽性反応がでないことも多々あるのです。
しかし感染しているのではないかと非常に不安な場合は医師にリレンザと言う薬を処方してもらうと良いのです。
リレンザとは粉末状の薬を吸入し、肺に拡散させウィルスを死滅させる薬なのです。
そのため感染してすぐの、一日も経過しない段階でリレンザを吸入することで、ウィルスを早期に死滅させ抗体反応である高熱や関節痛を発症させない効果が期待できるのです。
リレンザはタミフルとは違い、ウィルスが最初に侵入する肺にダイレクトに薬を拡散させるので、こうした予防効果も期待できるものとなっているのです。
またリレンザは完全にウィルス感染し、大増殖した場合にも高い治療効果を発揮するのです。
リレンザはタミフルとは違って大きな錠剤を飲むものではなく、粉末の薬をを吸入器で吸い込むものなので、子供や高齢者に適した治療法であるとも言えるのです。
またリレンザはタミフルのような異常行動などの副作用も見られず、未成年でも安心して治療できる薬なのです。

■インフルエンザの治療薬取り扱われている通販サイトです
インフルエンザを治療する為に