インフルエンザの発生状況とリレンザの特徴

インフルエンザは日本では12月あたりから流行が始まり、春先まで全国各地で流行が続く傾向が強いです。発生状況としては空気が乾燥し、温度が急激にさがると増えると言われています。これは温度変化で体内の抗ウイルス能力が低下すること、湿度が下がることでインフルエンザウイルスが動きまわりやすくなるためと言われています。特に乾燥しやすく、温度が比較的高い電車や職場、学校などで感染しやすいと言われています。インフルエンザの特徴として潜伏期間が短いことがあります。感染すると早ければ1日程度から発症し、一気にインフルエンザウイルスの増殖、放出が始まります。そのため、リレンザなど抗ウイルス薬を早めに投与することで増殖を抑えることが大事です。発生状況によっては緊急時回宣言が自治体からだされることがあるほど感染能力が高いウイルスですので予防もさまざま行なわれていますが、感染者はあまり減っていないようです。発生状況はすぐに公開され、注意勧告が出されます。その際には自分でできる予防策は行っておくことが必要です。インフルエンザの予防策の特徴としては手洗い、うがいをベースに抗ウイルス薬の利用があります。抗ウイルス薬としてはタミフルやリレンザがあります。どちらも家族にインフルエンザ患者が出ると予防の意味で処方されることが多いですが、個人で予防用に処方してもらう場合も多くなっています。リレンザの特徴としては利用しやすいことがあります。粉状ですが、吸入器にセットしてゆっくり吸うだけで気管からすぐに吸収されて効果を発揮しはじめます。ただし、未成年のへの利用の場合は見慣れない行動をしたり、暴れるなどの問題行動が起こることがまれにあるので吸入後は観察することが大事です