リレンザの特徴と予防注射後のお酒について

インフルエンザの治療にはリレンザと呼ばれる吸入薬が用いられることが多いです。吸入薬であるため、即効性が非常に高く、インフルエンザによる頭痛や高熱の症状を早めに抑えてくれます。ただし、リレンザは喘息や気管支炎などの呼吸器に問題がある疾患にかかっている人にはあまり効果がないので、そういった方はタミフルなどの飲むタイプの薬を服用する必要があります。また、リレンザは副作用が起こりにくい薬としても知られており、小さなお子さんでも安心して使用することができます。インフルエンザの治療には5日以上かかるので、できることなら事前に予防注射をしておくことをおすすめします。予防注射の効果は100%ではありませんが、かなりの予防効果が期待できるので、ぜひしておいてください。予防注射を行った24時間以内は、激しい運動やお酒を飲むことは控えたほうが良いです。特にお酒は、少量であれば問題ありませんが、飲み過ぎてしまうと、予防注射の効果がなくなってしまうので注意が必要です。少量であっても体質によっては効果が出なくなるおそれがあるので、お酒を飲まないに越したことはありません。お酒を飲むことによって血行が良くなると、注射を行った部分が赤く腫れてしまうことがあります。また、24時間を経過した後でも、ワクチンを接種したことによる副反応が出てしまった場合は、その症状が治まるまで、お酒は控えたほうが良いです。副反応は基本的には起こることはありませんが、人によっては起こることがあります。主な副反応としては、微熱や予防接種箇所の腫れなどがあります。2、3日もすればこれらの症状は治まるので、それまではお酒を飲まないようにしてください。